富山でも出来るヤドカリ遊び 滑川漁港横

こんにちは、ほそです。

先日友人とギンポ釣りに行ってきた際にヤドカリを発見しました!

他県の状況はよく分かりませんが、富山県は磯遊びが出来るような岩場がほとんどなくヤドカリが全然居ません。

ほそ
ほそ
しょっちゅう海に来ている自分が、先日初めて?見たぐらいです。

そこで今回は、富山にお住まいの方が近場でヤドカリと戯れたいな。という方の為の記述です。

ほそ
ほそ
といっても、現在滑川の一つのポイントしか知らないので、他のポイントが分かり次第、随時ご報告させていただきます。

 

釣り場の概要

滑川漁港の真横(西側)にある浅場です。


駐車スペースはココ。

釣り場の真横ですね。

駐車場を頭からつっこんで停めた場合、左側に段を一つ降りた先が釣り場です。

なお、駐車場の正面や右側はもろ漁港内ですので、夏場はサビキ釣りなど楽しんでおられる方が大半です。
 

 

特色と注意点

釣り場へ向かうには段差を一つ降りなければいけませんが、少し急なので女性やお子様は十分注意して降りる必要があります。
 

 

 

ポイント攻略法

水深が浅いので、ヤドカリが居るかいないか単純に目で見て確認出来ます。

海水の届かない足場のよい場所からギリ届かない位置にヤドカリが居るので、道具も何も無い場合は海水に浸かりながら採取する必要があります。

膝までないぐらいの水深ですが、底は藻などが生えていて滑るので注意が必要です。


足場がしっかりした場所から、虫取り網を伸ばして採るのが安全ですが、多少危険でも手で採った方が楽しいです。

 

 

 

 

観察しよう!

ぼけーっと、ただヤドカリを眺めているだけでも十分面白いです。


てくてく歩く様や、人間を警戒し殻に閉じこもる様子、ヤドカリ同士のちょっとした小競り合い。いつまで見ていても飽きません。

 

しかしそこに、一握りのご飯とトンカチがあればもっともっと面白いです。

まずご飯。魚や鳥肉の切り身でも何でもよいですが、ヤドカリの餌として与えます。

ヤドカリ達に紛れてどこからかカニや小魚がワラワラと餌にやって来てつまつまと餌を食べる様子は見ていて癒されます。

 

次にトンカチ。
コレでヤドカリの殻を叩き割ります。

本来の姿を観察出来たり、体の大きな宿無し個体が、他の個体の宿を奪うバトルロワイアルを楽しむ事が出来るのです。


面白くって何時間でも見てられます。

 

 

 

 

ほその一言

夏休みの自由研究の題材にもなりそうですね。
 

 

Follow me!

ホタルイカパターン番外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です