子供をダシにやましい事をしにいきましょう

こんにちは、ほそです。

やましいこと・・・したいですよね?

今回は、後ろめたい気持ちを味わう事なく、やましい事もやましくない事も、出来る方法を伝授します。
イクメンなんてクソ喰らえだー

 

世間体を捨てるべからず

好き勝手生きているつもりでも、人の目というのは気にかかってしまいます。
資源回収の日にエロ本を捨てれるもんならどれほど楽な事でしょう・・・
大丈夫。躊躇い、コンビニや河原に捨てられたのは貴方だけではありませんよ。

 

昨今のコンビニは、店内にゴミ箱を設置する店舗が主流になりつつあり大変捨てにくくなりましたね。私がコンビニでバイトしていた時分は、1週間に一度は本が捨てられていましたが、今はあまり無いんじゃないでしょうか?(インターネットの普及で、エロ本自体買われなくなったからという事も大きな要因ではありそうですが)

 

私が人様のモラルをどうこういえた立場ではありませんが、酷い人は具入りのオムツやら花火やらも捨てられていた事もありました。


店の中に据える事により、人の目が気になりこういうマナー違反者が減りそうですね。

目から鱗といいますか、コレ初めに思いついた人は優秀ですね。お金もかからないですし、対策としては非常に効果的なんじゃないでしょうか?

 

不適切物をコンビニで捨てるのは悪い事ですが、別に悪い事でもないけど、世間が許してくれない事ってありますよね。

例えばいい歳したオジサンが少女アニメに夢中になる事を世間は許してはくれません。

私に少女アニメの趣味はありませんが、ザリガニ獲りや磯観察が大好きです。

子供の頃は許されていたハズのこれらの行為ですが、おじさんが一人で、もしくはおじさん同士が仲良く楽しんではいけません。

都会の方には、突き抜けた浮世離れした方々も多々おられますが、人の噂話好きな田舎では中々・・・仲良くしようとは毛ほども思ってませんが、うまくはやっていきたい。

・・・県外であればどう思われても構わないので、法に触れない範囲で自我を解き放ったりも出来ますが、ザリガニやヤドカリを眺めるためだけに毎度県外に行くわけにもいきません。

 

叶う事ならば、その辺の田んぼにいるオタマジャクシとかヤゴなんかを、ぼけーっと何も考えずにずっと眺めていたい・・・

 

 

 

子供が一人いるだけで天と地の差

どうにもならない事も多いですが、おじさんがザリガニやオタマジャクシをつつき回す事ぐらいであれば、後ろめたい気持ちを持つこと無く、楽しむ事可能です。

 

子供がいれば!!!

もう何となくお分かりだと思いますが、同じ事をやっていても子供が居るのと居ないのでは周囲の目が大きく異なります。

例えばおじさんが一人でオタマジャクシを捕まえに行ったとしましょう・・・

はい。

周りの目は最悪です。
間違っても、アウトドア好きな好青年とは思われませんので勘違いしないで下さい。世間の評価はただの基地外です。

 

 

では、今と全く同じ状況に子供を一人投入してみましょう。


どうです?この違い!!!

 

やってる事は同じですが、我々に対する世間の評価は、基地外ではなく、面倒見の良い素敵なパパです。

先日、あぶらぎっちょとザリガニを捕まえに行きましたが、この方法で無事乗り切りました。

 

参考:素手で釣りが出来る魚?あぶらぎっちょこと、ミミズハゼ獲りに行って来ました。

参考:みんなで採りに行こう!ザリガニ採取方法【お子様にもおススメ】

 

応用として、アイドルグッツの購入や少女向け映画を羞恥心を持たずして楽しむ事が可能です。

 

 

 

連れまわし適正年齢は3歳~8歳?

一口に子供と言っても、その効果が最も得られる年齢は決まっています。

上記 ↑ の2人も、子と親の関係に違いありませんが、周囲の好評価を得られる事はありません。

 

キーワードは微笑ましさです。

幼子であればあるほど、その効力は単純に高いと思われますが、首も座っていない乳児を山や川へ連れ回すのはいかがなものかと思われます。

そこまでじゃないにしろ、映画館などの施設に連れ回す際は、ある程度しっかりした年齢に達していないと他に迷惑をかけるだけなので、好評価を得られるどころか、逆に疎まれてしまいます。

育ち過ぎてもダメ、幼すぎてもダメ。難しい所ですね。

ほそが考える連れ回し適齢年齢は、3歳~8歳です。

ただコレは一般的な場合で、時と場合により適齢年齢は若干異なります。例えば、カブトムシを取りに行きたい場合なんかは、10歳ぐらいの子の方がより適任であると考えられます。しかし、3歳~8歳ぐらいの子でも全然ありですよね。

これが2歳未満だと、親の趣味に付き合わせている感が露骨に出てしまいますので(事実ですが)、やはりオールマイティーに活躍出来る3歳~8歳ぐらいが正義です。

適齢年齢の子供がいるのは人生の内のほんのわずかな間だけです。

連れ回し適齢年齢のお子さんがいらっしゃられる方は今の内に思う存分連れまわして人生を謳歌しましょう。

 

 

 

子供の気持ちは蔑ろにしましょう

子供を連れ回す際におけるコツ。というか心構えを伝授致します。
コレが分かっていないと、到底楽しむ事など出来ません。

ズバリ、連れ回す子供の事は考えず、自分が楽しむ事だけに徹っする事です。

なに!?
そんな事出来ないって!!?

まぁ気持ちは分かります。子供も自分も楽しむ事が出来ればそれが一番、というか理想的だと思いますが、そんな事そうそうありませんよ。
それなら子供が行きたい、やりたい事を優先してあげたいんですよね?

・・・普段からいつもそうじゃないですか?子供のためにと自分を押し殺して、うんざりするほど見飽きたア○パンマンを一緒に見てあげているんですよね。でもさ、いいじゃないですか。

たまには自分の行きたい所に子供を付き合わせても・・・

 

 

 

子供を連れて行くデメリットとは?

子供がいれば大抵の磯遊びを他人の目を気にする事無く楽しむ事が出来る反面、連れて行く事により生じるデメリットも発生します。一つ一つ見ていきましょう。

お金がかかる

映画などの場合、入場料が単純にその子供分かかります。

勿論余計にかかる費用はそれだけでは済まず、暑がってればジュースの一つも買ってやらなければいけませんし、長時間拘束する場合は、ご飯やお駄賃程度のお菓子も与えないわけにはいきません。

コレらを怠ると、暴れ、喚き回り、周囲からは冷ややかな眼差しを向けられる事でしょう。そんな状態でも無視出来る精神力を持つ貴方は、初めから子供を連れ回す必要がありませんので、今すぐブラウザバックを推奨致します。

貸を作ってしまう

私は、ザリガニやヤドカリなどの磯遊びに、娘(6歳)を連れ回します。娘も好んでいれば良かったのですが・・・家でポポちゃん相手に陰湿な行為を強いる遊びを好んでいるぐらいなので、残念ながらそういった磯遊び全般に興味がなく、というか嫌いなのです。

行きたくもない磯遊びに付き合ってやったんだから、来週はこっちの要求を呑めよ。
と、こうなります。6歳のガキとはいえその辺は分かるもんなんだと感心します。

まぁそこは付き合わないわけにいかなくなります。

やり過ぎはバレてしまう

体よく自分の趣味を楽しむ為に、我が子を連れ回すわけですが、はっちゃけ過ぎると周囲に子どもの為ではないとバレてしまいます。

まぁ、ほどほどに・・・。

 

 

 

まとめ

・世間の目が厳しく、大人だけで楽しんでいると不審に思われる事がある。(私の場合、磯遊び)
・子供と一緒であれば、世間では大概の事は許される
・連れ回す子供の適齢年齢は、3歳~8歳ほどまで(場合にもよる)
・お金や手間がかかってしまうというデメリットも生じるので、ご利用は計画的に

今の世の中、子供が絶対みたいな風潮で、我が子の為にと神経質過ぎるお母さん方多過ぎです。
大事なのは分かりますが、たまにの副流煙如きで癌にはなりませんし、大抵の事では死にません。

子供なんて、もっともっと親のエゴに付き合わせてもいいんじゃないかと思います。
近年はワサビが食べれない成人が増えたと耳にします。
なんでも昔は、父親に合わせて寿司は全てワサビ入りだったそうで、我慢して食べている内に食べれるようになるんだとかで、親のエゴに付き合せる事で子供にとって良い事も沢山あると思うのです。

大丈夫、私は至ってクールです。
ただのこじつけなのは言われずともちゃんと理解していますので、ご心配には及びません。

 

子育てなんてクソくらえ!!
磯遊びサイコー
皆さん良き夏を

 

 

 

それでは。

Follow me!

ホタルイカパターン場所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です