みんなで採りに行こう!ザリガニ採取方法【お子様にもおススメ】

こんにちは、ほそです。

 

男の子なら誰しも憧れるもの・・・

そう。
ザリガニ釣りですね。

今回はそんなザリガニ釣りの仕方を、ネチネチと説明していきたいと思います。

幼少期にザリガニ釣り出来なかった反動で拗らせた内容になる事と思われますがお付き頂ければ幸いです。

 

ザリガニ釣りとは

ズバリ、ザリガニを釣り上げることを言います。

ズバリ。じゃねーよ。
ボウズ
ボウズ

ただ、普通の釣りと違い、釣り針は使用しません。

ほそ
ほそ
後述しますが、餌を引っ掛ける為用に釣り針を用いる事はありますが、ザリガニを針で引っ掛ける事はしません。

 

何故ならば、餌を掴んだザリガニをそのまま引っこ抜けるからという事と、ザリガニの殻が固く、そもそも針掛かりしない(極めてしにくい)からです。

 

 

 

ザリガニの餌は鉄板のスルメを使え

ではどう釣るか?

次のステップで釣り上げる事が出来ます。

①ザリガニを見つける

②ザリガニの目の前に餌を垂らす

③餌を掴んだらゆっくりと釣り上げる

以上です。

 

 

えー・・・書いていてなんですが、ここまで「わかっとるわい」の内容しか書いてなくてスミマセン。

そして多分この後も「わかっとるわい」の事しか書かないと思います。

そしてこれまた「わかっとるわい」事項で申し訳ないのですが、餌はスルメを用いるのがおススメです。

 

本来ザリガニは雑食性で、それっぽい物なら何でも餌となりますがが、スルメは固くて物持ちが良く、そうそうダメになりません。ベタですが、スルメを使用しましょう。

ちなみに上記写真 ↑ は、ジグヘッドと呼ばれる重りと釣り針が一体となった物にスルメを刺して使用していますので、管理が滅茶苦茶楽です。

 

 

 

糸があれば釣行可能

次に用いる道具についてご説明します。
餌となるスルメと、それを括れる、それなりの長さの糸です。

以上。

 

最低限の装備はこんな感じですが、古典的な木の枝に糸を括りつけるスタンスも勿論OK。

 

釣竿をお持ちの方は、竿を使ってもOK。単純に射程距離が違います。

適当な長さ(50㎝~200㎝)の一本針仕掛けをお持ちの方は、針先にスルメをぶっ刺して使用するのが楽です。

 

ちなみに・・・

てっとり早く網でがばっと掬えばいいんじゃないの?という話しになりそうなんで一応補足。

陸にいるザリガニは緩慢な動きで、誰でもすぐに捕まえれますが、水中にいるザリガニは、とても俊敏で人や網が近づくと警戒し直ぐに逃げます。こういうの見ると流石水中生物だなーと感心せずにはいられませんね。

ほそ
ほそ
糸や棒を使用しての釣りとは一転して警戒心丸出しなのです。なんなんですかね?

コレを捕まえるのは中々難儀・・・というか捕まえられる気がしません。

そんなわけで、釣りがおススメです。楽しいですし。

 

 

 

 

 以外にいないザリガニ・・・

では早速ザリガニを捕まえに行きましょう。
ザリガニは、水深の浅い流れの緩やかな、もしくは完全に流れのないため池のような場所に生息します。

いれば比較的容易に捕まえられるザリガニですが、実際コレが中々いません。

幼児向けの「水辺の生き物」みたいな絵本を見ると、生命力と繁殖力が強いのでザリガニなんてどこにでもいる。みたいな書き方されてる事が多いですが、ホント中々いないんだな~これが。

ほそ
ほそ
少なくとも私の周りにはですが
危険視されている外来種だから、どこにでも沢山居たら、それはそれで大問題なんだけどな
ボウズ
ボウズ

 

個人的感覚ですが、いる所には山ほどいるけど、いない所にはトコトンいない。

ゴキブリじゃないですが、まぁそんな感じです。

 

なので、一か所でみっちりと探すより、それっぽい場所を広く浅く探していった方が効率的です。

 

 

 

 富山でザリガニ釣るならココ!

こういう生き物は、探す手間も込みで採取するのが面白いものですが、どこにでもいるいる。と言う割に全くと言っていいほどいないので、手っ取り早く激熱ポイントをお教え致します。


ココ。

 

黒部市総合公園内の外れにあるアクアパークという場所です。

サイズは小さいのですが、とにかくわんさかいます。ですが、そのザリガニを狙う家族連れもわんさかおられるので、私のような人生拗らせた大人がお一人で行かれる場合は、子供の群れを掻き分けてまでザリガニ釣りを興じる断固たる決意が必要となります。

貴方にその決意はおありですか?

 

公園内は広く、幾つも水辺がありますが、ザリガニが沢山生息している場所は決まっています。

ここ。

 

公園正面に駐車した場合ちょっと奥まった位置にある場所ですがここまで行って下さい。ここじゃないとわんさかザリガニいないのです。

見て下さい。こんなに沢山いるんですよ・・・

おろ?

 

・・・全然、っていうか見た所1匹もいません!!!
そして今気が付いたのですが、休日の良い時間だというのに、ザリガニ獲りに来ている方が全然見当たりません。

・・・もしかしたら、外来種が蔓延る現状に憂いた方々による駆除作業の憂き目に合ったのかもしれません・・・
しょんぼり

いや、良い事なんですけどね。
事実、何種類ものトンボが飛び交い、ヌシがいなくなりガラリとなった水場に卵を産み付けていました。

順調にいけば今後は、オタマジャクシやゲンゴロウといった水中生物と共に賑やかしくなる事でしょう。

 

良ろこばしい事ですが、寂しい・・・。
諦めきれません!!

 

水場は幾つかあるので、他の場所を見て回ってみます。
・・・やや!

いました!やったぞー!

 

 

居ればこっちのもの

ちょちょいのちょいです。

 

パラダイスとまではいきませんが、そこそこの数は居ます。
いや、いちゃダメなんですがね・・・

ただ、この場所もいつ駆除されるか分からないので行かれるのならばお早目に。

ほそ
ほそ
第二のパラダイスを探しておきますので、見つかり次第随時ご報告致します。
そんなパラダイス存在しちゃダメなんだけどな
店主
店主

 

 

 

 

無闇に持ち帰るのは辞めましょう

簡単に沢山採れるので、ついつい採り過ぎてしまいがちですが、過剰な採取は控えましょう。

自身で食べる分。もしくは飼育する分のみにしましょう。

食うの?
ヤンキー
ヤンキー
ほそ
ほそ
食えますよ。私は釣りが趣味なので、主に釣り餌として使用する分として確保しますがね。】

なおザリガニは、「要注意外来生物」に指定されている生き物なので、採取地以外で放してはいけません。(法的罰則はありませんが)

要注意外来生物とは、生態系を脅かす恐れのある外来種を国が指定した生物をさします。

要注意外来種はザリガニの他、グッピー、ミドリガメ(アカミミガメ)などがいます。なお、要注意外来生物より危険視されているのが「特定外来生物」です。

特定外来生物とは、ブラックバスや、数年前問題視されたヒアリなどがその代表格です。
コイツらは生きたままの移動が禁止されており、他の場所へ放す事はもってのほかです。

少々話しが逸れましたが、現在の生態系を守る為にも生きたまま持ち帰る際には細心のご注意を。どれだけ注意していても逃げ出し繁殖する可能性がありますので、出来ればむやみに持ち帰らないほうが良いでしょう。

 

 

 

ザリガニを飼う

ザリガニを持ち帰る最大の理由が飼育だと思います。
ザリガニの飼育をする上での注意点を記載致します。

ほそ
ほそ
ここに辿り着く前に色々調べられたことと思いますので、私の方は簡単にだけ記載致しますね

全体図はこんな感じ。

 

 

では、私なりの注意点を幾つか記述したいと思います。

 

・水は週に一度。出来れば2度は替える事。

ザリガニは生命力が強いので、水を頻繁に替えずとも問題ありませんが、夏場なんかは一週間替えないと滅茶苦茶臭くなりますので、替えましょう。

 

・小さめの水槽に一匹が飼いやすい。

ザリガニはしょっちゅう喧嘩します。大きい水槽に、隠れ家を幾つも入れてやれば、複数匹の飼育も可能ですが、ほそはおススメいたしません。

朝起きたら、脱皮直後と思われる個体がヤラレていました・・・

小さな(45㎝とか)水槽に1匹か、せいぜい2匹の飼育が管理しやすいでしょう。

 

・水草をいれて餌は極少量が長生きのコツ

ザリガニに限らずですが、飼育の死亡要因第1位は餌のやり過ぎです。餌は与えれば与えられた量だけ限界まで捕食します。

それが毎日続くと、昨日まで元気モリモリだった個体もある日突然コロッと逝きます。他は食べ残しが腐って水質悪化の要因になります。

大きなザリガニでも、一日にぼし1つか2つで十分健康に長生きします。それで足りない場合は水草を引き千切ってムシャムシャ食べます。

 

水草は、水質改善と、隠れ家と、非常食の三つの役割を担う大切な存在ですので、是非入れましょう。

アカンボ(通称、金魚藻)であれば植えず、ただ水槽内に漂わせているだけ良いので管理も楽で、しかも何もせずともどんどん増えていくのでおススメです。

 

 

 

 

ザリガニは美味い

ザリガニは実は美味いです。

 

市販のエビ(ブラックタイガー?)を、ザリガニで代用しエビチリを作った事がありますが、うまいうまいと誰もザリガニとは気づかずに喜んで食べていました。
私も普通に食べましたが、うん。まぁ普通に美味かったです。

私個人の感想はザリガニ良くも悪くも普通です。

格別美味いわけでも不味いわけでもなく、ちゃんと下処理さえ施してあれば、市販のエビの代用品と出来るだけのポテンシャルを持っていると感じました。

そう言うと没個性ですが、各地で在来種に猛威を振るっている要注意外来生物(実質、特定外来生物?)が、普通に美味しく食べられるって、とてもすごい事だと思いませんか?

無理して食べる必要はありませんが、少々汚れている程度の場所の個体であれば、クソ出しすれば十分美味しく食べれます。

調理方法は普段使用されているエビの代用と考えていただければそれでOKなので、具体的な調理例などはここでは省きます。

ほそ
ほそ
あまり難しく考えなくともよいです。

問題は下処理。
採って来ただけでは、臭くてそのままでは食べれません。

ほそ
ほそ
そのザリガニが生息している水質や食べている餌にもよりますので、一概には言えませんが・・・
エビ、カニ類は何食ってるか分からないからしっかり下処理しとけよ
店主
店主

ではその下処理方法を、早速ご紹介致します。

 

 

①クソ出し

水(普通の水道水でOK)を張った水槽にザリガニを丸1日入れ(生息場所にもよりますが)、未消化物を排泄させます。
1日以下だとクソ出しが足りず、1日より多いと身が水っぽくなるのと、飼育臭(とでも言いましょうか)が身につき、美味しくなくなります。

 

②腸出し

クソ出しが終わったら、〆て尻尾の部分の果肉部分のみ取り出します。

胴体と尻尾を持ち、雑巾絞りの容量で捻じれば、胴体と尻尾部分が分離出来ます。

※ザリガニの頭部(味噌部分)は食べるに値しません。
尻尾の殻を剥がし、背ワタを取り除きます。

大きくて取りやすいので、指でもちょちょいと取り外せます。

 

③熱湯処理で殺菌

背ワタを取り外した状態がコチラ。

こうなるとちゃんとした普通の食材にしか見えませんね。

 

他の地域では食べる風習があるそうなので、世界的に見ればザリガニは元々普通の食材なのかもしれませんね。

旨そう。何なら酢飯に乗せてそのまま頬張りたいぐらいですが、ザリガニは様々な雑菌を持っていますので、間違っても生で食べないで下さい。必ず加熱処理を施す必要があります。

目安は、沸騰したお湯で5分以上茹でていただければ間違いありません。

 

以上。

 

ちなみに、下処理さえ済めば冷蔵なら1週間ほど。冷凍なら3ヶ月(もっと?)ほどなら普通に持ちますので、市販のエビ替わりとしてお使い下さい。

 

 

 

まとめ

・ザリガニ釣りは一般的に、針を用いず挟む力だけを利用し釣り上げる。
・ザリガニ釣りに使用する餌は、物持ちの良いスルメがオススメ
・ザリガニ釣りは、餌と糸(1m~2m)があれば楽しめる
・ザリガニは、流の緩い水深の浅い場所を好む。居る場所には沢山いるが、いない場所にはめっきりいないので、テンポ良く探ぐろう。
・富山でザリガニ釣るなら黒部市にある「アクアパーク」がオススメ。今後近い内に完全に駆逐されるかもしれませんが
・ザリガニは要注意外来生物に指定されている生き物なので、元々生息していなかった場所への生体移動は絶対に辞めましょう。
・飼育する際は、餌少な目、水草を入れ、少量(出来れば1匹が好ましい)での飼育が上手くいく
・下処理さえキチンと行えば、ザリガニは美味しい

 

どなたでも楽しめるザリガニ釣り。
簡単なので、小さなお子様には特におススメです。

何時間も熱中出来るものではありませんが、低料金(スルメ代100円)で楽しめるので、年に一度ぐらいはこんなのもいいんじゃないでしょうか?獲って来たやつはそのままおかずに変身しますので、コスパは最強の遊びです。食う目的で獲って来たのに、飼いたい。と言われるリスクもありますが、それはまぁそれで・・・

 

 

 

それでは

Follow me!

その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です