素手で釣りが出来る魚?あぶらぎっちょこと、ミミズハゼ獲りに行って来ました。

こんにちは、ほそです。

イカを握っていれば、あぶらぎっちょと呼ばれる魚が手の中に勝手に入って来てそのまま捕まえられるそうです。

何ソレどういう事?

 

あぶらぎっちょって何だ?

あぶらぎっちょとは、正式名称はミミズハゼという体長5㎝ほどの小さな魚で、普段は波打ち際近くの砂利の間などに生息しているようです。

愛称として、富山県入善町ではあぶらぎっちょ。朝日町ではベントなどと呼ばれ、他の地域でも様々な地域名があり親しまれている魚のようです。

 

特別美味しいわけでも、可愛いわけでもない(ほそ的には超可愛いですが)この魚が何故ここまで親しまれているかというと、「手にイカを握っているだけで釣れてしまう。」というユニークさにあると考えられます。

 

 

 

イカを握ればあら不思議

ではその気になる釣り方、というか獲り方ですが、生のイカを軽く握り、波打ち際の砂利浜に手を突っ込むだけで、居れば10秒と待たずにあぶらぎっちょが手のイカを食べに入って来る。との事です。

ん~・・・にわかには信じられませんね。
これはやってみるしかありませんね。

 

着きました。

場所は砂浜ではなく、こういう ↑ 大小の石が転がっている通称ゴロタ浜。その中の、直径5㎜~1㎝各の砂利の間が激アツらしい・・・。

早速イカを握って突っ込んでみたいと思います。

間違えました。

冗談ですよ。冗談。
イカを握れと言われて真っ先に思い浮かんだのがコレだったのでつい・・・

 

真面目にやります。

今回使用するのはスーパーで買った普通のイカです。

 

石や砂利を少しどかし、握ったイカを突っ込みます。・・・反応がありません。何ヶ所か回り15秒ほど経った時でしょうか。なんかもぞっと違和感を感じた気がしますが、気のせいかもしれないのでそのままステイ。

にゅるるっ、バタバタバタっと何かが私の手の中に入り込まんと暴れています。

コレか?コレのことだよな?
完全に入り込む間を与え、恐る恐る手を上げました。

うおっ!!?
本当に入っとるやんけ!?

 

獲れました!
あまりにあっけなく獲れて少し拍子抜けですが、これは楽しいかも・・・

どこもいる事はいますが、居心地が良いのか、いる所には固まっています。


我ぇー沢山入っとるやないけー

 

やって見て反応が薄い場合は、そこに居る絶対数が単純に少ないだけだと思いますので、じーっと粘るよりかはどんどん場所移動するのが沢山獲るカギです。


30分でこんなに獲れました。

 

 

 

滑川にも居ました!

さて。

ミミズハゼ獲りが盛ん?に行われている地域が、入善町と朝日町との事だったので、今回入善町までやって来たわけですが、遠いんスよ。家から片道40分かかります。他の大型魚の為ならいざ知らず、ミミズハゼに片道40分は遠いよ。

予てからずっと疑問だったんですが、他の場所にも居るんじゃないかと思うのです。

というわけで帰り道に、良さそう場所いくつかにこぶし突っ込んで来ました。

まずは入善町のお隣、黒部市。

普通にいましたわ(笑)

まぁお隣ですしね。ただ、生息地の境目がこの辺りで、この先はパタリといなくなるかもしれませんね・・・どうなんだろう。

 

次。魚津市の滑川寄りの海岸。
んー・・・

何の変哲もなく普通にいますね。

 

最後に私が住んでいる滑川市の、家から5分のご近所海岸でも調査。
ここに生息していればいつでも楽しめます。

チョロ過ぎワロタ

 

何だよー普通にいるじゃん。

さらにいえば入善町よりもペースよく獲れるぐらいです。
まぁ、この辺りは時間帯の違いとか、熟練度が増したとか考えられますので、たった一度やったぐらいで、どうこう結論付けるつもりはありませんが、少なくとも入善町と変わらないぐらい生息しています。

たった5分でコレだけ獲れました!

 

というわけで、ミミズハゼ生息域調査はここで終わったので詳しくは分かりませんが、場所さえ選べば多分、富山市より西側の地域にも普通に居ると思います(笑)

 

なんで入善町と朝日町がメッカみたいになっているんでしょうね?
昔は獲れなかったけど、環境の変化により他の場所も獲れるようになった?
入善、朝日町民が磯遊びが大好き過ぎたとか?
んー・・・謎ですねー

 

 

 

まとめ

・あぶらぎっちょ(ミミズハゼ)とは、砂利の隙間などにいる底生の5㎝ほどの小さな魚
・イカ(魚の切り身とかでも可)を軽く握り砂利の間に近づけると、手の中に潜り込んで来るので容易に捕まえられる。
・あぶらぎっちょ獲りが有名なのは、入善町と朝日町だけだが、他の市町村(少なくとも滑川市、魚津市、黒部市)でも問題無く獲れる。

 

ちなみにですが、あぶらぎっちょ獲りの定番の餌は生のイカですが、スルメ(干しイカ)でも、よっちゃんイカ(酢漬けイカの駄菓子)でも食いが落ちる事なく手の中に入って来ました!

スルメなんかは、保存が効き、いつでもどこでも入手出来き、なおかつお腹が空いた時のおやつにもなる超万能イカ野郎なので、ほそ的にはスルメがおススメです。

わざわざ入善町方面まで行かずともそこらで獲れるますので、この夏休みはお子様とミミズハゼ獲りを楽しまれてはいかがでしょうか?

 

 

それでは。

Follow me!

ホタルイカ掬い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です