惨敗だった4月新月週における、愚かなる独り言

こんにちは、ほそです。

 

4月4日未明に続き、5日未明も富山県全域に大規模なホタルイカの接岸がありましたね。
多くの方が大量のホタルイカを掬えたり、ホタルイカパターンで大物を仕留められたのではないでしょうか?

 

えっ?私ですか?

私は黒鯛一本に的を絞り、当初、ホタルイカの接岸の多い「浜黒崎」~「岩瀬」近辺で釣行していたのですが、アタリが無かったので、実績の強い魚津方面に移動しました。

結果論になりますが、それが全くの悪手で、アタリがなくとも粘るべきだったと後悔しています。
魚津より東(新潟)方面は全くホタルイカいませんでしたからね・・・
「フラッターベイツ」さんブログの投稿釣果を見ると悔しくてなりませんよ。

この日釣果を上げられている方の記述を見ると、いずれの方もホタルイカの接岸が多かった場所での釣果のようです。

1日あけ客観的に振り返ると、過去の実績地に縛られ、ホタルイカパターンの基本であるホタルイカの接岸場所に合わせるという、基本中の基本を見失っていました。

もしくは、素直にホタルイカ掬いに勤しんでも良かったんですよね・・・
ホント・・・自分で書いた事が出来てないんじゃ世話ないですね。

反省

参考:ホタルイカパターン講座 実践~ほその釣りスタイル編

 

翌日、6(土)

深夜に少し雨が降る以外は何もかも理想な状況。
ここ数日、ホタルイカの接岸が好調な富山県中央部へ。

当然のようにわちゃわちゃホタルイカが出るものと踏んでいましたが、待てど暮らせどホタルイカはやって来ません。

翌々日、7(日)も同じ・・・。
4月新月週にしてはピーク短かくない?
ホント、中々うまくいきません。

まぁ、上手な方はそんな中でも釣果を残しておられるので、ただただ頭が下がるばかりです。

 

激アツ4月新月ナイト・ウィークを、まるまる棒に振った(笑)翌週4/8(月)。
予報を見ると、波も風も無さそうで、良い感じのようです。昨日、一昨日の様子を見るに多分ホタルイカの接岸は無いのでしょうが、余計な月明かりもないし、ホタルイカが絡まないなら絡まないなりに、何とでもなりそうですしね。

ほそ
ほそ
ね、根魚ならですよ

 

兵どもが夢のあと・・・と、形容したくなるほど誰もいませんね。

 

原因は、単純に次の日が平日というのと、先程述べた通り、期待の薄いホタルイカの接岸。
そして、予想値を振り切って裏切ってくれる猛烈なまでの爆風

 

やってくれたなぁ、ヤフー天気予想・・・

 

一応、ぽいっと、投げるも真正面に投げたはずのルアーが真横から帰ってくる始末です・・・
2投だけして終了

車で寝ながら待っていましたが、結局朝まで爆風は止まりませんでした。

チーン。

 

ハハハハハ。
どうか笑ってやって下さいよ。

で、長い長い前振りはこの辺りにして(笑)、何故ろくな釣果もあげていないのにこう長々と記載しているかと言うと、釣れないよ。と、言う事です。

選択地を誤ると!!

・・・ホタルイカ接岸の多かった、4日(木)、5日(金)は、ホタルイカルアーの「ズィークイッド」でお馴染みの「フラッターベイツ」社さんのブログを筆頭に、恐らく様々なブログで、好釣果の報告があがっていることと思います。

幾つものブログで好釣果を見ると、「ああ、この日に釣りをしていれば、ホタルイカパターンなんて楽勝なんだな・・・」と、思われるのも無理からぬ話しだと思います。

でも、ホタルイカの接岸は各地で同じように起こっているわけではありません。

参考:ホタルイカ掬い講座 場所編

豊漁年であれば新月週になると、どこの海岸に行ってもホタルイカで溢れかえりますが、今年のような不漁年は4月の新月といえど、出ていない所は本当に出ていないのが現状です。

先程も述べましたが、ホタルイカパターンの釣りはホタルイカの接岸の多い場所で釣りをするのが基本です。

なので、私のようにホタルイカの接岸のない場所で釣りをしていてもホゲります。
それが例えどんな釣り名人であったとしてもね・・・

 

・・・まぁ、私は釣れなくても、釣り名人なら大物の1匹、2匹釣れるかもしれませんが、ホタルイカの接岸が良い感じの場所であれば、初心者でもボコボコ釣れる可能性が高いので、どちらが良いかは言うまでもありませんね。

基本、釣れなかった日の釣行録というのは、亡き者にされ、釣果があった方の記録が大々的に取り上げられますが、実際は、釣れている方々の一方で、チャンス日にホゲっている私のような人物も数多くいる事を忘れてはいけません。

 

逆を言うと、私のように今回ダメダメだった方は、「他のみんなはあんなに釣れているのに俺は・・・」などと思い詰める事は全くありません。

 

情報が入手しやすい時代になったとはいえ、その日の理想の場所に、理想なタイミングで入るのは至難の技です。だって誰にも正確には分りませんから。

それでも、「だろう。」にはなりますが、過去の経験や直近の傾向を基に組み立てていけば当てずっぽうの勘よりは、理想に巡り遭える確率は増すと思うのですよ。今年は読み外してばかりで、折角ブログを立ち上げたのに釣果もパっとしない事が続いていますが、腐らずやって行く事が大切なんじゃないかと思っています。

 

 

ホタルイカや、ホタルイカパターンについて詳しく知りたい方はコチラ ↓ までどうぞ。

ホタルイカ掬いに関するカテゴリーはコチラ↑
※ホタルイカ掬いされない方もホタルイカ接岸の諸条件を把握する為にも是非どうぞ

 

 

ホタルイカパターンに関するカテゴリーはコチラ↑

 

 

この教訓を活かし、次こそは大物釣るぞー!!

っつっても、ホタルイカが良い感じに接岸してても全然反応ない事も結構あるんだけどよ
店主
店主
ほそ
ほそ
今年のホタルイカ接岸が全く読めないように、まだまだ分からない事だらけですね

 

さて。

勝手に盛り上がっちゃいましたが、現状はしばらく、まとまったホタルイカの接岸は期待出来そうにありません。
ですが、今後は稚鮎を筆頭に餌も徐々に増え出し、ホタルイカが絡まずとも海が活気づいて来るので、海況や仕事具合と相談しながら、次の大量接岸時まではのんびり釣りをしようかなと考えております。

今回の新月時、私のようにダメダメだった方も焦らずのんびりやりましょう。今釣れてなくとも大丈夫。シーズンはまだまだありますよ。

 

 

それでは。

Follow me!

ホタルイカパターン番外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です