餌でのホタルイカパターン!ぶっこみ釣り編

こんにちは、ほそです。

ルアー釣りばかり取り沙汰されているホタルイカパターンですが、生のホタルイカを使った餌釣りでも勿論釣れます。

今回はその中でも一番簡単?な「ぶっこみ釣り」についてご紹介致します。

ホタルイカパターン = ホタルイカを意識した魚をホタルイカ絡みの釣法で釣る事。

 

 

ホタルイカのぶっこみ釣り基礎知識

そもそも「ぶっこみ釣り」とは、重りをつけた餌を投げて待つだけのとても単純な釣りです。

仕掛けもシンプルですし、基本的には釣れるまでのんびり出来るので、初心者の方や、多人数でダベりながらの釣りに向いています。

実際にホタルイカが接岸する春の深夜が、一番釣果が期待出来ると思いますが、この釣りの良い所は、時期や時間問わず、それなりに釣果が期待出来る点です。

ホタルイカってすごいですね。

ほそ
ほそ
上戸彩がどの世代からも支持があるのと同じ理屈です。
違うんじゃないか?
メガネ
メガネ

ただし今回は、春の深夜に行う前提で記載させて頂きます。

 

 

仕掛けと誘い

投げて放置でも釣れますが、「誘い」を入れてやるとより効果的です。

 

誘いとは、軽く竿をあおって餌を軽く動かし、魚の食い気を誘発させる動作をいいます。

誘いによって魚にアピールする事は勿論ですが、「バイ貝や、ウミケムシ、ヒトデ」などの厄介な 外道を回避するためでもあります。

ぶっこみ釣りの仕掛けは、重りと針があれば何でも良いのですが、誘いの効果をより高めるために、重りは天秤を用いて下さい。

天秤とは、キスやカレイなどの投げ釣りをする際に一般的に用いられる重りで、構造的に仕掛けが絡まりにくく、よく飛ぶ素敵な重りです。

 

この天秤を用いて誘いを入れると、重りの天秤は直ぐにストンと落ちますが、餌だけがフワーっと舞いゆっくりと落ちます。

もうお分かりだと思いますが、このフワーがキモです。

ブラクリのような、重りと針の位置が近い仕掛けでは、フワーとはならないので!

 

ではどんな仕掛けが良いか?ほそは、市販のカレイ釣り仕掛けをおススメ致します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーナー カレイ・アイナメ  投げ用セット
価格:327円(税込、送料別) (2019/2/19時点)

楽天で購入

 

 

ホタルイカぶっこみ釣りのほぼ全ての対象魚に過不足なく対応してくれます。
自作しても良いけど買った方が楽です。

 

外道 = 釣る目的としない魚などのこと。

 

攻めのゴロタ浜

続いて、場所。

ホタルイカパターンで狙う場所と同じ場所が最も釣果が期待出来ます。
詳しくはコチラより。

 

ただしこれらの場所は、ゴロゴロと大小の石(ゴロタ場と言います)が転がっているので、根掛りしやすい場所が多いです。

投げて放置のぶっこみ釣りとの相性は正直よくありません。

ゴロタ場で釣りをする際は、常に誘いを入れ続けるような釣り方の方が適しています。

ほっといてのんびり出来るぶっこみ釣りの良さは失われますが、釣果最優先の方は攻めのぶっこみとして、ゴロタ場近辺を狙うのが良いでしょう。

ほそ
ほそ
それならば初めからルアー釣りの方が手っ取り早いです。

 

 

のんびりするなら漁港内

ゴロタ場での釣行も良いですが、のんびりとしたぶっこみ釣りとしての良さを活かすのならば漁港内がおススメです。

根掛りの心配も少ないですし、何よりも足場が良いので釣りしやすい。

ただ、潮の流れが緩やかな漁港内といえど、あまり放置しすぎると糸が絡まったり、バイ貝などの餌食になるので、少なくとも5分に一度ほどの誘いは欠かせません。

 

 

期待出来る釣果は?

ホタルイカのぶっこみ釣りの場合、一般的なルアーでのホタルイカパターンと釣れるターゲットが異なりますので、魚種別にご説明致します。

・カサゴ&ソイ
ルアーでも釣れてくれるボウズ逃れの安定の魚。場所にもよりますが、ぶっこみでもよく釣れてくれます。

・メバル
ぶっこみ釣りではあまり反応がヨロシクありません。一般的なぶっこみ釣りをするような漁港内にはそもそも大型のメバルが少ないからというのが主たる原因だと思います。

・黒鯛
あまり釣れません。
釣れても小型が多いです。
ですが、大型が全く釣れないわけではありません。
私がぶっこみ釣りで釣ったマックスは45㎝です。どーだ凄いだろう。

シャロー(水深の低いエリア)ポイントに場所を変えたり、誘いを入れる回数を増やせばもっともっと釣れると思います。

・カレイ
ルアーではほぼ釣れないぶっこみ釣りの大本命です。
私が春時期にルアーではなくぶっこみ釣りする理由は、のんびりしたいからか、カレイを釣りたいからのどちらかです。

冬のイメージが強い魚ですが、富山のホタルイカでのぶっこみ釣りは5月が一番食いが良いです。

また、本来日中狙うのがセオリーだと思いますが、夜間であっても割と遜色なく食って来てくれます。
釣れない時はとことん釣れませんが・・・

・ヒラメ
ルアーでもたまに釣果を耳にするヒラメですが、餌でも食って来ます。
ただし、小さい・・・。

・ウグイ
ルアーでも定番の※外道ですね。生のホタルイカを使ったぶっこみ釣りであっても猛威を振います。

こいつをいかに躱すかが釣果を左右しますが、群れが入いれば躱しようがないので、そんな場合は場所移動しかありません。

・バイ貝&ヒトデ&ウミケムシ
一見動かなさそうなこいつらですが、意外や結構貪欲に餌を求め這いずり回っています。
ルアーではまず釣れませんが、ホタルイカのぶっこみ釣りだと結構な頻度で釣れます。

ウグイとは異なり誘いを入れる事である程度は躱せますが、密集度が高い場合は、3分もあれば針に掛かってくるので案外侮れません。

ちなみに、ウミケムシとはその名の通り、海の毛虫そのまんまの見た目です。
とても攻めたビジュアルが受け付けない方も多くおられると思うので載せません。
気になる方は「ウミケムシ」と検索してみて下さい。

・エイ
ルアーではほぼ釣れませんが、5月以降のホタルイカのぶっこみ釣りではよく釣れます。
重くて仕掛けが切られる事も多く、一般的にはウグイと並ぶ嫌われ外道の一つです。

ほそ
ほそ
エイは尻尾に毒針を持つので、取扱いに注意

 

まとめ

・ホタルイカのぶっこみ釣りは簡単で良く釣れるので初心者におススメ。
・仕掛けはカレイ釣り用のものまんまでOK
・釣果を求めるならば、根掛り覚悟でゴロタ浜へ
・のんびりした本来のぶっこみ釣りらしい釣行は漁港内へ
・餌とルアーでは、釣れる魚の毛色が異なる。

ホタルイカのぶっこみ釣りは、アタリも多く、何かかしらは釣れてくれるので、初心者の方にはルアーよりもこちらの方が良いと思います。

ほそ
ほそ
釣れないよりかは、釣れれば何でも面白いものですよね

ただ能動的に、数や大物を求めるのであれば、ルアーなどの方が適していますので、そこはご自身のスタイルに合わせて使い分けられれば良いんじゃないかと思います。

 

 

それでは。

Follow me!

初心者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です