ホタルイカパターンだけじゃない!稚鮎パターンの必要性について

こんにちは、ほそです。

4月の中旬というのは、ホタルイカパターンど真ん中ですね。
ホタルイカルアー一辺倒になりがちなこの時期ですが、実は稚鮎が接岸し始め、ホタルイカルアーよりも、稚鮎に似たルアーに反応が良い事が多々あります。

今回はホタルイカルアーとの見極め、使い分けについて説明させて頂きます。

 

 

ホタルイカルアーに反応がない!?

『見極め』と、偉そうに述べましたが大した話しではありません。

光る、存在感ありありのホタルイカと異なり、稚鮎は居るか居ないか確認しづらくまた、存在を確認出来たとして、果たして魚達が今何を食べたいか分かる由もありません。

ならばどうするか?簡単です。

ホタルイカルアーを投げて反応が無ければ、他のルアーを投げるという・・・極々シンプルな話しです。

 

 

稚鮎パターン=普通のメバリング

『稚鮎パターン』と言っても、ホタルイカパターンのように専用のルアーに、独特なアクションに・・・。とする必要はありません。

この時期浅瀬に漂う稚鮎は、5㎝~7㎝程ですので、それに近い2㌅前後のルアーがジャスト・サイズ!

早い話しが、極々普通のメバリングで使用するルアーに、極々普通のメバリングのアクションで釣る事が可能です。

 

幼鮎?パターン時の私の釣行録はコチラから ↓

参考:ホタルイカが絡まない時はベイトフィッシュでメバル連荘

 

 

ちなみに、普通のメバリングでは、3㎝~6㎝ほどの大きさのルアーを用います。ルアーアクションは取り敢えず、ゆっくり(リール一巻き3~4秒)「ただ巻き」のみで事足ります。いずれ普通のメバリングに関して記載しようと思いますので、それまでゆっくりお待ち下さい。

 

 

 

稚鮎が居なくても試せばいいんです

場所や年により若干の違いはありますが、毎年4月初旬頃より、稚鮎が接岸し出します。

ホタルイカがおらずまとまった量の稚鮎が回遊していると、ホタルイカルアーが蚊帳の外となり、いよいよ稚鮎パターンがハマる事が多いですが、そういうハマりきった条件下でなくともこの釣り方で釣れます。

過去3月初旬に、ホタルイカルアーでアタらず、稚鮎パターンでプチ爆釣した事があります。

稚鮎パターンと記述致しましたが、勿論稚鮎などいないので、稚鮎パターンでは無いのですが(笑)、兎にも角にもこの釣り方・・・要するに極一般的なメバルの狙い方で釣れました。

何が言いたいかというと、「4月中旬以降じゃないから、普通のメバルルアーはまだ早いよね」
ではなく、ホタルイカルアーで釣れないのであれば、時期関係なく色々試そうね。という話しです。何なら稚鮎形状も何もかも無視して、カニ型の物や、エビ型の物なんてものも良いかもしれませんね。

 

火力マックス!?両パターンの実態

タイミングが重なると、稚鮎パターンとホタルイカパターンが入り乱れる重火力パターンが巻き起こる事があります。

私の経験した所では、最初はホタルイカパターンでは反応せず、稚鮎パターンがややハマり(3投に1投は何かしら反応がある)状況で、釣れるのもアジと小型のカサゴのみでした。小釣果ながらわいわい楽しんでいましたが、ピタリと釣れなくなりました。

アクションやレンジを変えても反応がなかったので、ホタルイカルアーに変更すると一投目より、今まで釣れなかった25㎝以上のメバルが連発!
※釣れ出してから20~30分後ぐらいにホタルイカの発光を確認。

その後1時間近くに渡り、ただただ良型のメバルが釣れ続きました。
こういう日に釣りが出来れば最高ですね♪

ただ、現実的には稚鮎パターンがハマっている状況下の中、途中でホタルイカの接岸が起これば必ず爆釣必須の重火力パターンが巻き起こるわけではありません。

個人的な感覚で言えば年々その傾向があるような・・・特に前年(2018年)は、稚鮎パターンが効果的な日は、その後の状況がどうあれ終始稚鮎パターンが効果的。という事が多かったです。

 

 

まとめ

・ホタルイカルアーに反応がない場合は他のルアーでヒットする事がある。
・稚鮎が寄って来る4月中旬頃は、稚鮎と同じ大きさのルアーに好反応を示す事が多い。

・稚鮎パターン中にホタルイカの接岸が起こると、火力マックスの好釣果を得られる場合もある。

 

県外から来られる方は特にかもしれませんが、富山の春といえば「ホタルイカルアー」という考えが強いと思いますが、多くの人にとって大事な事は魚を釣る事です。

ホタルイカパターンはその手段の一つに過ぎません。
アタリが無ければ、ホタルイカパターンに拘らず・・・さらに言えば稚鮎パターン以外でも思い付いたことは何でも色々やってみるべきです。

youtyubarが、「ホタルイカパターンの映像を撮りたいんだ」という場合は知りません。

ともあれ、結果が出ていない場合は、ルアーや攻め方を変えるのもそうですし、キャスト方向や大きく場所を変えるのも手です。

一番良くないのは、ダラダラと何もやり方を変えない事です。

ただ、「もうすぐホタルイカの接岸があるはずだから、今釣れなくても1時間後にはホタルイカパターンで大爆釣するはずだ」等、何か考えがあっての事であれば言うことはありませんがね。

 

 

それでは。

Follow me!

その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です